ウェブサイトを運営する時の義務

ウェブサイトは不特定多数の人が原則自由に閲覧する事ができるものです。ネット上でホームページやブログを運営する事は誰でも簡単できますが、運営する場合そこに掲載する内容に他人を誹謗中傷する内容や特定の個人や団体に不当に不利益を与えるような内容がないか注意する必要があります。事実ではない内容によって人の名誉を傷つけたり、企業や個人の利益を損なうような事があれば運営者の責任になるので場合によっては損害賠償の請求や刑事事件に発展する事もあるので責任を持って情報を発信しなくてはなりません。

他人の書き込むも運営者の責任

ブログなどを運営する時に自分がアップロードする記事に問題がなくても運営しているブログ内の書き込みに問題があった場合運営者の責任が問われる場合があります。書き込みに関しては運営者が書いた物ではないので運営者には責任がないと考える人もいます。しかし例え運営者自身が書いた事でなくても自身が運営するブログ内に問題があれば運営者にも責任が発生する事もあるのでホームページやブログを運営する場合は閲覧者の書き込みにも注意しなくてはなりません。

運営者への削除依頼をする

ウェブ上に自身を誹謗中傷するような書き込みや記事があった場合の対処法としてまず運営者にその記事や書き込みを削除するように依頼するのが有効です。削除依頼に対して対応してくれる場合は良いですが、連絡が取れなかったり削除依頼を受けても意図的に対応しない運営者もいるのでその場合は警察や弁護士への相談をするべきです。その内容が事実でない内容で自分や自分が所属する団体に損失を与える内容であれば損失に対する賠償を相手に求める事が可能です。

見られたくないサイトの検索順位を下げる逆SEOは、誹謗中傷や炎上、風評被害の防止に大変効果があります。