基本から考えるならPHP

ウェブ制作を担うプログラマーとして活躍したいと考えたら、ウェブ制作に役立つプログラミング言語の習得を行うことは欠かせません。広い現場で即戦力として働けるようになりたいという希望を持っているならPHPの習得が現状としては良い選択です。多くのウェブアプリケーションなどがPHPで作られているからであり、その運用や保守などに携わるためには必須になります。迷ったらPHPというのは特に初心者にとって重要となる考え方でしょう。

トレンドに合わせるならJava

PHPによるウェブ制作がスタンダードになってはいたものの、より高度なプログラミングを可能にするために他の言語を利用することも考慮されるようになりました。そのトレンドに合わせるならJavaが最も有用な選択肢になります。Javaを習得するにはそれなりの苦労が必要ですが、高度なプログラミングを行いつつ、速度もある程度確保するためにはJavaが優れているため、現場ではPHPからJavaにシフトしてきています。

将来性を考えて選ぶScala

Javaのトレンドも考慮してもう少し将来性を考えて習得するならScalaを選ぶと良いでしょう。Javaを呼び出して使えるのもScalaのメリットであり、たとえJavaが台頭してスタンダードになったとしてもScalaを極めていけば対応することができます。Javaよりも習得がしやすく、開発速度も上げやすい点が着目されているのがScalaであり、開発競争の著しいウェブ制作業界の状況を考えると将来性が高いのです。

コーディングとは、HTMLなどを使って、インターネットのブラウザでウェブサイトを表示できるようにすることです。

大規模サイトを調査
webコーディングの他の記事