どういったものが誹謗中傷になるのか

誹謗中傷というケースは、昔であれば第三者に対して特定の個人・法人の信用を失墜させたり名誉を棄損する内容の話をすることでしたかなかったんですよ。しかし、インターネットの各種サービスが発達してきたことでオンライン上で悪口を容易に言うことが可能になったんですよね。なかには特定の人に対して実名で悪口を書く人もいるので、場合によってはそのような人は名誉棄損や誹謗中傷の罪に問われることになります。重要なのは事実に基づかないことを書いているということなんですよね。

誹謗中傷は身近なところにあります

ソーシャルメディアの発達で個人が発信した意見が世界中に簡単にさらされるようになっています。何が誹謗中傷にあたるかを意識しておかないと法律を犯すことになりかねないので書き込む方としても注意が必要です。しかし、選挙期間中などに行われるネガティブキャンペーンは事実に基づいたことが発表されるのでそういった類のものは誹謗中傷にはあたらないですね。あくまでもいい加減な中傷が誹謗中傷にあたると言って良いでしょう。

こうやって誹謗中傷対策をしましょう

まずは中傷されている文章を印刷して、そのウェブサイトやサービスの運営者に対して削除要請をかけます。プロバイダー責任制限法という法律があるのでスムーズに対処してくれるでしょう。そのうえで最寄りの警察署か都道府県警のサイバー犯罪関連の窓口に相談しましょう。しっかりとした証拠があれば対策をしてくれますし、今後どういった施策をとれば良いかアドバイスもしてくれます。早急に対策を取らないと被害者が法人の場合はビジネスに影響がかなり出てきます。

今日相手の表情の見えない会話が成立しています。直接会っていない分、自分と相手の受け取り方の違いによる誤解が生じるかもしれません。誤解によって問題が起きる可能性があるので、事前の誹謗中傷対策は必要です。